So-net無料ブログ作成

Kali Linux 2019.3 インストール Acer Aspire V5 [Kali Linux]

Acer Aspire V5 ノートに Kali linux をインストールした。
EasyBCD設定で,メトロブートローダーでWindows 10とデュアルブート。

metroloader

Aspire V5ノートはレガシーBIOSなのでEasyBCDで設定できるが,UEFIはできないかもしれない。
デュアルブートのインストール方法等は変わってないのでこちら

Kali Linux は,neofetchコマンドでシステム情報を表示  apt install neotech

kali linuxunnamed

Aspire V5ノートでは,synaptics製タッチパットのタップが反応しないので,起動時に modprobe でpsmouseモジュールを再ロードするようにした。

touchpad.desktop ファイルを~/.config/autostartディレクトリに新規作成

root@kali:~/.config/autostart# cat touchpad.desktop  
[Desktop Entry]
Name=MyScript
GenericName=A descriptive name
Comment=touchpad
Exec=/root/touchpad.sh
Terminal=false
Type=Application
X-GNOME-Autostart-enabled=true

起動時に作成したスクリプト touchpad.sh を実行

#!/bin/sh
modprobe –r psmouse
modprobe psmouse proto=imps

/etc/modprobe.dディレクトリに conf ファイルを作る方法(こちら)は機能しなかった。


nice!(0)  コメント(0) 

オープンソースのオンラインビデオ会議 Jitsi Meet [Raspberry Pi]

jitsi Meet は Google Hangouts meet にそっくりなオープンソースのオンラインビデオ会議
Chrome 又は Firefox から簡単にオンラインのビデオ会議に参加でき,Android やiOSのアプリからも参加できる。
https://jitsi.org/

以下のチュートリアルでは raspberry pi からはブラウザが無くても参加できるとのことだった。
https://www.linux-projects.org/uv4l/tutorials/jitsi-meet/

このチュートリアルにしたがって raspberry pi zero にインストールしてみたが,ビデオ会議に参加できても画像がフリーズしたり,参加できなかったりと不調だった。
(raspberry pi zero なので処理能力が足りないのかもしれない)
左がラズパイUSB接続のウェブカメラ画像(フリーズ),右がWindowsノートのカメラ画像。

Screenshot from 2019-11-04 00-02-41

チュートリアル通りにインストールしたあと,ラズパイ(192.168.0.22)に http://192.168.0.22:8090 でアクセスすると以下のページが表示される。

jitsimeet3

Join a Jitsi meet room を選び,以下のページで,room と usernameを入力する。

jitsimeet4

start ボタンを押すと,join the room! となり,そのリンクでオンラインのjitsi Meet サイトになる。
ただし,以下のコンフィグファイルを書き換えないと,ビデオ会議に参加ができなかった。

root@raspberrypi:/home/pi# vi /etc/uv4l/uv4l-uvc.conf

### XMPP options:

# server-option = --xmpp-bridge-host=localhost
server-option = --xmpp-bridge-host=192.168.0.22

また,Jitsi Meetは,以下の手順でローカルのビデオ会議サーバを作ることもできる。
https://github.com/jitsi/jitsi-meet/blob/master/doc/quick-install.md

今回は時間がなく,手っ取り早く済ませるため,WindowsノートのWSLにDebian(ストアアプリ)が入っているので,このDebianにWWWサーバ nginx をインストール,Jitsi Meetをインストールした。
Windows ノートとタブレットがローカルのJitsi meet に参加した状態(ローカルサーバでもraspberry pi の参加はオンラインのJitsi Meet と同じくNGだった)

jitsimeet1

WSL(Windows Subsystem for Linux)はWindowsのカーネルで動いている。Windowsノートが192.168.0.12 なので,WSLにはhttp://192.168.0.12/atcmeeting (会議名)にアクセスすれば参加できる。
オンラインのJitsi Meet と同じ画面が表示された。ただし,AndroidのJitsi Meet アプリは接続を拒否された。アプリからローカルインストールのJitsi Meet に参加させる場合は,サーバにCA局に認証された証明書が必要らしく,手順ではLets encrypt の証明書を入手するスクリプトを実行することになっているが,FQDNを適当に入れてもNXDOMAINとなり,DNSレコードがないとだめだった。

WSL のDebain はコマンドプロンプトで,debian と入力するとシェルアクセスできる。デーモンは手動で起動する。

sudo –s
apt install wget
apt install nginx
apt install gnupg
echo 'deb https://download.jitsi.org stable/' >> /etc/apt/sources.list.d/jitsi-stable.list
wget -qO -  https://download.jitsi.org/jitsi-key.gpg.key | apt-key add -
apt update
apt-get install apt-transport-https
#Jitsi Meet をインストール
apt-get -y install jitsi-meet
apt-get -y install jigasi
#lets encrypt 証明書取得
/usr/share/jitsi-meet/scripts/install-letsencrypt-cert.sh
#WSLはデーモンを手動起動
/etc/init.d/nginx start
/etc/init.d/prosody start
/etc/init.d/jigasi start
/etc/init.d/jicofo start

この後,ブラウザからローカルサーバのIPアドレスかバーチャルホスト名にアクセスするとJitsu Meet が表示される。

jitsimeet2

任意のミーティング名を入力すれば,ビデオ会議が開始できる。
オンラインのJitsi Meet も同じで,とりあえずミーティング名を入れればすぐにビデオ会議ができる。細かくセキュアな設定も可能のようだ。


nice!(0)  コメント(0) 

ラズパイオーディオをリモコンで操作 Raspbian buster Lirc Moode 6 [Raspberry Pi]

ラズパイオーディオ Moode 6 を赤外線リモコンで操作できるようにしたらかなり楽になった。OSのシャットダウンもリモコンで出来る。  
また,リモコンの追加登録も可能なので,2台登録しておけば1台が見当たらなくなっても困らない。
前記事,もう一台のラズパイがリモコン信号を受けてラズパイオーディオをコントロールする方法 
ラズパイオーディオをもう1台の赤外線レシーバ..    
前々記事,USB接続の赤外線レシーバーをラズパイオーディオに直接接続する方法
ラズパイオーディオを赤外線リモコンで操作

赤外線レシーバ付ラズパイを作っているので,このラズパイからリモートホストのラズパイオーディオを操作することにした。

IMG_20191028_001316

mpc はラズパイオーディオのmpdをコマンドラインで操作できるクライアントソフト。
mpc –h [IPアドレス] [コマンド] でリモートホストのmpdも操作できる。
リモコンの信号を受信すると指定したコマンドラインを実行する irexecで,mpcをキックする。
赤外線リモコンの信号データは irrecord –n で学習した結果,生成されるコンフィグファイルを/etc/lirc/lircd.conf.d/下に置く。リモコン名がそれぞれWIZZ,SBの2台のリモコンを学習・登録した。 

/etc/lirc/lircd.conf.d/WIZZ.lircd.conf
/etc/lirc/lircd.conf.d/SB.lircd.conf

irexec の設定ファイルは,

/etc/lirc/irexec.lircrc

ファイルを編集したら lircd, irexec を再起動する。

systemctl restart lircd irexec

mpc コマンドをリモコンボタンに対応させてみた。

mpc toggle
再生/一時停止ボタン

mpc play / mpc stop
再生ボタン / 停止ボタン

mpc play n
数字ボタン(プレイリストのn番目を再生)

mpc next
mpc prev
スキップボタン(プレイリスト内でのスキップ)

mpc seek +00:00:05
先送りボタン(5秒先送り)

mpc seek –00:00:05
巻き戻しボタン(5秒巻き戻し)

mpc load Favorates
リストボタン(プレイリストFavoratesをロード)

mpc vloume +10
音量プラスボタン

mpc volume –10
音量マイナスボタン

mpc repeat
戻るボタン(リピートモード)

実際に作成した irexec.lircrc ファイルはリモートホストのラズパイオーディオを操作しているのでmpc –h [IPアドレス] [コマンド]になっている。
リモコン・・・IRレシーバ付ラズパイZero-----無線LAN------ラズパイオーディオ Zero W
以下は,リモコンWIZZ(remote = WIZZ)部分の抜粋だが,remote = SB を指定すれば次の button はもう1台のリモコンSBのボタン指定となる。remote は button の前に指定する必要がある。remote を省略した場合は,デフォルトがワイルドカードなので,button 名が同じならどちらのリモコンでも動作する。

begin
        prog    = irexec
        remote  = WIZZ
        button  = PLAYPAUSE
        config  = mpc -h 192.168.0.60 toggle
  end
  begin
        prog    = irexec
        remote  = WIZZ
        button  = NEXT
        config  = mpc -h 192.168.0.60 next
  end
  begin
        prog    = irexec
        remote  = WIZZ
        button  = PREV
        config  = mpc -h 192.168.0.60 prev
  end
  #数字ボタンでplaylistのn番目を再生
begin
        prog    = irexec
        remote  = WIZZ
        button  = KEY1
        config  = mpc -h 192.168.0.60 play 1
  end
  begin
         prog    = irexec
        remote  = WIZZ
        button  = KEY2
        config = mpc -h 192.168.0.60 play 2
  end
  begin
        prog    = irexec
        remote  = WIZZ
        button  = KEY3
        config = mpc -h 192.168.0.60 play 3
  end
  #音量下げる
begin
        prog    = irexec
        remote  = WIZZ
        button  = LEFT
        config = mpc -h 192.168.0.60 volume -5
  end
  #決定ボタンもPLAY/PAUSE
  begin
        prog    = irexec
        remote  = WIZZ
        button  = OK
        config = mpc -h 192.168.0.60 toggle
  end
  #音量上げる
begin
         prog    = irexec
        remote  = WIZZ
        button  = RIGHT
        config = mpc -h 192.168.0.60 volume +5
  end
  begin
        prog    = irexec
        remote  = WIZZ
        button  = UP
        config = mpc -h 192.168.0.60 prev
  end
  begin
        prog    = irexec
        remote  = WIZZ
        button  = DOWN
        config = mpc -h 192.168.0.60 next
  end
  begin
        prog    = irexec
        remote  = WIZZ
         button  = STOP
        config = mpc -h 192.168.0.60 stop
  end
  begin
        prog    = irexec
        remote  = WIZZ
        button  = BACK
        config = mpc -h 192.168.0.60 repeat
  end
  begin
         prog    = irexec
        remote  = WIZZ
        button  = REV
        config = mpc -h 192.168.0.60 seek -00:00:05
  end
  begin
        prog    = irexec
         remote  = WIZZ
        button  = FWD
        config =  mpc -h 192.168.0.60 seek +00:00:05
  end
  begin
        prog    = irexec
        remote  = WIZZ
        button  = MUTE
         config = mpc -h 192.168.0.60 clear
  end
  #プレイリストをクリア,プレイリストRadio_listをロード,再生
begin
        prog    = irexec
        remote  = WIZZ
        button  = PROG
        config = mpc -h 192.168.0.60 clear; mpc -h 192.168.0.60 load Radio_list; mpc -h 192.168.0.60 play
  end
  #プレイリストをクリア,プレイリストFavorites をロード,再生
begin
        prog    = irexec
        remote  = WIZZ
        button  = LIST
        config  = mpc -h 192.168.0.60 clear; mpc -h 192.168.0.60 load Favorites; mpc -h 192.168.0.60 play
  end
# Moodeをリモートシャットダウン
begin
         prog    = irexec
         remote  = WIZZ
         button  = POWER
         config = sshpass -p moodeaudio ssh -t pi@192.168.0.60 'sudo poweroff'
  end
#ラズパイをシャットダウン
begin
        prog    = irexec
        remote  = WIZZ
        button  = ORANGE
        config  = sudo systemctl poweroff
end

リモコンでプレイリストをロード再生できるので,インターネットラジオのプレイリストをロードすれば,リモコンでラジオのチャンネル替えのようなことができる。
リモコンの電源ボタンでラズパイオーディオをシャットダウン,オレンジボタンで自分をシャットダウン。


nice!(0)  コメント(0)